Excel VBA

【Excel VBA入門】文字列を結合する方法【&で結合】

本記事の内容

Excel VBAで文字列を結合する方法をご紹介

→ &で結合できます

 

こんな方におすすめ
  • Excel VBAで複数の文字列を一つに結合したい方
  • VBA初心者の方

 

文字列の結合方法

文字列の結合方法は下記の通りです。

文字列1 & 文字列2

 or

文字列1 + 文字列2

 

“&”でも”+”でも同じように結合できます。

 

ただし、”+”は数値の足し算でも使用するため、

構文のミスを見つけるためにも”&”を使用する方がおススメです。

 

例 : 文字列を結合して出力

文字列を結合して出力するサンプルコードは下記の通りです。

<サンプルコード>

Sub sample()

    '文字列型の変数を定義
    Dim text1 As String
    Dim text2 As String

    '"&"で結合
    text1 = "Hello " & "World 1" & "!!"
    
    '"+"で結合
    text2 = "Hello " + "World 2" + "!!"

    '結合した文字列を出力
    Debug.Print text1
    Debug.Print text2

    '変数同士を結合して出力
    Debug.Print text1 & text2
    
End Sub

 

<マクロ実行結果>

<マクロ実行結果>

 

以上が文字列を結合する方法となります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

初心者におすすめの書籍はこちら

 

VBAに詳しくなりたい方におすすめの書籍はこちら

 

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。