Excel VBA

【Excel VBA】コード入力中のコンパイルエラーを非表示にする方法

本記事の内容

Excel VBAでコード入力中のコンパイルエラーを非表示にする方法をご紹介

 

こんな方におすすめ
  • ExcelでVBAマクロを作成している方
  • コーディング中のコンパイルエラーが邪魔な方
  • VBA勉強中の方

 

コード入力中のコンパイルエラーを非表示に変更

コード入力中のコンパイルエラーを非表示にする方法は下記の通りです。

  1. 「ツール」タブを選択
  2. 「オプション」をクリック
  3. 「編集」タブを選択
  4. 「自動構文チェック」のチェックを外す
  5. 「OK」をクリックしてオプションを閉じる

 

設定手順のキャプチャは下記の通りです。

 

<コード入力中のコンパイルエラーを非表示にする手順>

  1. 「ツール」タブを選択
  2. 「オプション」をクリック
コンパイルエラー非表示1

 

  1. 「編集」タブを選択
  2. 「自動構文チェック」のチェックを外す
  3. 「OK」をクリックしてオプションを閉じる
コンパイルエラー非表示2

 

上記の設定を行うと、構文エラーによるコンパイルエラーとなっても、

エラーメッセージが出ず、文字だけ赤色に変わります。

 

<設定後のコンパイルエラーの例>

設定後のコンパイルエラーの例

 

コピー用のソースコードは下記の通りです。

Sub sample()

    '整数型の変数を定義
    Dim num1 As Long
    Dim num2 As Long
    
    '正しく代入されているためエラーなし
    num1 = 1
    
    '代入値が無いためエラー
    num2 =

End Sub

 

以上がコード入力中のコンパイルエラーを非表示に変更する方法となります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

初心者におすすめの書籍はこちら

 

VBAに詳しくなりたい方におすすめの書籍はこちら

 

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。