Excel VBA

【Excel VBA入門】文字が入力出来るメッセージボックスの使い方

本記事の内容

Excel VBAで文字が入力出来るメッセージボックスの使い方をご紹介

→ InputBoxを使用する

 

こんな方におすすめ
  • Excel VBAでユーザーに処理を選択させるメッセージを表示したい方
  • Excel VBAにて処理中に動的に文字列を入力したい方
  • VBA初心者の方

 

InputBoxとは?

InputBoxとはプログラム中に文字を入力できるメッセージを表示するための関数です。

 

関数の仕様は下記の通りです。

<構文>

InputBox (メッセージ文字列, タイトル文字列, デフォルト入力文字列)

 

<戻り値>

「OK」ボタンがクリックされた場合:入力された文字列

「キャンセル」ボタンがクリックされた場合:空文字列(“”)

 

InputBoxの使用例:文字列を入力して特定のセルにコピー

文字列を入力してC3セルにコピーするコードは下記の通りです。

Sub sample()
    '文字列型の変数を定義
    Dim inputText As String

    'メッセージボックスを表示
    inputText = InputBox("文字列を入力してください", "タイトル", "デフォルト文字列")
    
    'C3セルに入力された値をコピー
    Range("C3").Value = inputText
    
End Sub

 

<インプットボックス表示>

<インプットボックス表示>

 

<OK選択時>

<OK選択時>

 

<キャンセル選択時>

<キャンセル選択時>

 

以上が文字が入力出来るメッセージボックスの使い方となります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

初心者におすすめの書籍はこちら

 

VBAに詳しくなりたい方におすすめの書籍はこちら

 

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。