Excel VBA

【Excel VBA入門】マクロの実行ボタンの設置方法

本記事の内容

Excel VBAでマクロの実行ボタンを設置する方法をご紹介

→ 方法1:開発タブからボタンを挿入

→ 方法2:図形を挿入してマクロを登録

 

こんな方におすすめ
  • ExcelでVBAマクロの実行ボタンを設置したい方
  • VBA初心者の方

 

方法1:開発タブからボタンを挿入

方法1は開発タブからボタンを挿入する方法になります。

手順は下記の通りです。

  1. 開発タブを開く
  2. コントロールラベルの挿入を選択
  3. ボタンを選択
  4. ボタンを設置する場所を選択
  5. 登録するマクロを選択
  6. OKを選択

 

<手順1~3まで>

開発タブからボタンを挿入1

 

<手順4~6まで>

開発タブからボタンを挿入2

 

上記の手順で、クリックによって登録したマクロが実行されるボタンが設置できます。

 

方法2:図形を挿入してマクロを登録

続いて図形を挿入する方法をご紹介いたします。

図形を用いることで、様々な見た目のボタンが設置できるため、こちらも覚えておきましょう。

  1. 挿入タブを選択
  2. 図ラベルの図形を選択
  3. ボタンにしたい図形を選択
  4. 図形を設置する場所を選択
  5. 図形を右クリックしてマクロの登録を選択
  6. 登録するマクロを選択
  7. OKを選択

 

<手順1~3まで>

図形を挿入してマクロを登録1

 

<手順4~5まで>

図形を挿入してマクロを登録2

 

<手順6~7まで>

図形を挿入してマクロを登録3

 

上記の手順で、クリックによって登録したマクロが実行される図形が設置できます。

この方法は図形以外にも右クリックして「マクロの登録」が表示されるものには使えます。

 

皆さんがマクロを登録したいものに応用していきましょう。

 

以上がマクロの実行ボタンの設置方法となります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

初心者におすすめの書籍はこちら

 

VBAに詳しくなりたい方におすすめの書籍はこちら

 

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。