Excel VBA

【Excel VBA入門】メッセージボックスの使用方法

本記事の内容

Excel VBAでユーザーの選択、処理の結果を通知に使えるメッセージボックスを解説

→ MsgBoxを使用

 

こんな方におすすめ
  • Excel VBAでユーザーに処理を選択させるメッセージを表示したい方
  • ExcelVBAにて処理の完了を通知するメッセージを表示したい方
  • VBA初心者の方

 

MsgBoxとは?

MsgBoxとはプログラム中にメッセージを表示するための関数です。

 

関数の仕様は下記の通りです。

MsgBox 文字列

MsgBox(メッセージ文字列, ボタン, タイトル文字列)

 

MsgBoxの使用例1:処理結果を表示

処理結果を表示するコードは下記の通りです。

Sub sample()

    'メッセージボックスを表示
    MsgBox "sampleマクロが完了しました"
    
End Sub

 

上記のマクロを実行すると下記のようなメッセージボックスが表示されます。

メッセージボックスの表示

 

MsgBoxの使用例2:ユーザーが「はい」「いいえ」を選択

ユーザーが処理を選択できるメッセージボックスコードは下記の通りです。

(下記は「はい」「いいえ」を選べます)

Sub sample()
    Dim result As Integer

    'メッセージボックスを表示
    result = MsgBox("処理を続けますか?", vbYesNo, "処理継続")
    
    'メッセージボックスの結果に合わせて処理を分岐
    Select Case result
        Case vbYes
            '「はい」が選択された場合:A1セルに"はいが選択されました"を入力
            Range("A1").Value = "はいが選択されました"
        Case vbNo
            '「いいえ」が選択された場合:A1セルに"いいえが選択されました"を入力
            Range("A1").Value = "いいえが選択されました"
        Case Else
            '「はい」「いいえ」以外が選択
    End Select
    
End Sub

 

マクロの実行結果は下記の通りです。

<ボタン表示>

<ボタン表示>

 

<はいを選択した場合>

<はいを選択した場合>

 

<いいえを選択した場合>

<いいえを選択した場合>

 

MsgBoxで使用できるボタン一覧

メッセージボックスに設定できるボタンは下記の通りです。

<ボタン一覧>

定数内容
vbOkOnly0「OK」ボタンを表示
vbOkCancel1「OK」「キャンセル」ボタンを表示
vbAbortRetryIgnore2「中止」「再試行」「無視」ボタンを表示
vbYesNoCancel3「はい」「いいえ」「キャンセル」ボタンを表示
vbYesNo4「はい」「いいえ」ボタンを表示
vbRetryCancel5「再試行」「キャンセル」ボタンを表示

 

メッセージボックスにはアイコンも表示できます。

表示できるアイコンは下記の通りです。

<アイコン一覧>

定数内容
vbCritical16警告メッセージアイコンを表示する
vbQuestion32問い合わせメッセージアイコンを表示する
vbExclamation48注意メッセージアイコンを表示する
vbInformation64情報メッセージアイコンを表示する

 

ボタンの戻り値は下記の通りです。

<ボタンの戻り値>

定数内容
vbOK1「OK」ボタン
vbCancel2「キャンセル」ボタン
vbAbort3「中止」ボタン
vbRetry4「再試行」ボタン
vbIgnore5「無視」ボタン
vbYes6「はい」ボタン
vbNo7「いいえ」ボタン

 

以上がメッセージボックスの使用方法となります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

初心者におすすめの書籍はこちら

 

VBAに詳しくなりたい方におすすめの書籍はこちら

 

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。