Excel VBA

【Excel VBA】ステップ実行の方法【コードを1行ずつ実行】

本記事の内容

Excel VBAマクロでステップ実行を行う方法をご紹介

 

こんな方におすすめ
  • Excel VBAで複雑な処理を実装する方
  • マクロの処理を1行ずつ実行して処理の流れを確認したい方
  • VBA勉強中の方

 

ステップ実行とは?

ステップ実行とは、

ブレークポイントにより中断した処理を1行ずつ実行すること

です。

 

デバッグでどのように処理されているかを確認するために使用されます。

 

ステップ実行には下記の種類があります。

<ステップ実行の種類>

ステップ実行の種類内容
ステップイン処理を1行ずつ実行する。関数などのサブルーチンも1行ずつ実行する。
ステップオーバー処理を1行ずつ実行する。関数などのサブルーチンはまとめて実行する。
ステップアウトサブルーチンが完了して元の処理に戻るまで実行する。

 

ステップ実行の実行方法

ステップ実行の方法は下記の通りです。

  1. ブレークポイントを設置して処理を中断する
  2. ステップインをクリック

※ステップオーバー、ステップアウトも同様の方法で実行可能

 

① ブレークポイントの設置方法

ブレークポイントの設置方法は下記の記事でご紹介しているので参考にしてください。

https://kamezoublog.com/excel-vba-break-point/

 

② ステップインをクリック

ステップインをクリック

 

ショートカットキーで実行

ステップ実行は下記のショートカットキーでも実行可能です。

  • ステップイン : [ F8 ] キー
  • ステップオーバー : [ SHIFT ] キー + [ F8 ] キー
  • ステップアウト : [ CTRL ] キー + [ SHIFT ] キー + [ F8 ] キー

 

以上がステップ実行の方法となります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

初心者におすすめの書籍はこちら

 

VBAに詳しくなりたい方におすすめの書籍はこちら

 

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。