Python

【Python】if文による条件分岐【比較演算子も紹介】

本記事の内容

Pythonでif文を使った条件分岐を行う方法を解説

-> 比較演算子を用いて条件分岐を実現

 

if文とは?

if文とは条件によって処理を分岐させる際に用いる文法です。

下記のように記載します。

if 条件1:
条件1を満たしている場合に実行される処理
elif 条件2:
条件1を満たさず、条件2を満たしている場合に実行される処理
elif 条件3:
条件1, 2を満たさず、条件3を満たしている場合に実行される処理

else:
すべての条件式を満たさない場合に実行される処理

プログラミング中である条件で処理を分岐したい場合に使います。

if, elif, elseと続けることで、条件により処理を分岐させることが出来ます。

 

比較演算子一覧

続いて、条件を記載する際に使用する比較演算子をご紹介します。

比較演算子は左と右の値を比較する際に使用する演算子です。

 

下記のような種類があります。

演算子意味
x == yxとyの値が等しい場合はTrue
x != yxとyの値が等しくない場合はTrue
x < yxがyより小さい場合はTrue
x <= yxがyより小さいか等しい場合はTrue
x > yxがyより大き場合はTrue
x >= yxがyより大きいか等しい場合はTrue
x is yxとyが同じオブジェクトの場合はTrue
x is not yxとyが同じオブジェクトでない場合はTrue
x in yxがyに含まれている場合はTrue
x not in yxがyに含まれていない場合はTrue

 

上記のような演算子を用いて条件分を書くことで様々な処理を実現できます。

 

実際の使用例

最後に実際にif文と比較演算子を用いた実装例をご紹介します。

サンプルコードは下記の通りです。

# 値が等しい場合はTRUE
value = 3
if value == 3 :
    print("value == 3 が TRUE") # こちらが実行される
else :
    print("value == 3 が FALSE")

# 値が等しくない場合はTRUE
value = 3
if value != 3 :
    print("value != 3 が TRUE")
else :
    print("value != 3 が FALSE") # こちらが実行される

# 値を比較
value = 3
if value < 3 :
    print("value < 3 が TRUE")
elif value >= 3 :
    print("value >= 3 が TRUE") # こちらが実行される

# 同じオブジェクトか比較
value1 = [1, 2, 3]
value2 = [1, 2, 3]
if value1 is value1 :
    print("value1 is value1 が TRUE") # こちらが実行される
else :
    print("value1 is value1 が FALSE")
if value1 is value2 :
    print("value1 is value2 が TRUE")
else :
    print("value1 is value2 が FALSE") # こちらが実行される

# ある値が含まれているか比較
value = "a b c d e"
if "c" in value :
    print("\"c\" in value が TRUE") # こちらが実行される
else :
    print("\"c\" in value が FALSE")

  

実行結果は下記の通りです。

実行結果

 

以上がPythonによる条件分岐の方法となります。

条件分岐はプログラミングに必須の処理となります。

ぜひ覚えて言っていただけると幸いです。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。