Python

【Python】プリント出力の方法【Python2とPython3の違いも解説】

本記事の内容

Pythonでプリント出力を行う方法を解説

-> print関数を使用する

※python2とpython3の違いも解説

 

print関数の使い方 【Python3の場合】

Pythonでprint出力を行う方法は、

  • print関数を使用する

です。

 

構文は下記の通りとなっております。

print(出力したい値)

※出力したい値は直値、変数どちらもOKです

 

サンプルコードは下記の通りです。

# 数値をそのまま出力
print(1)

# 文字列をそのまま出力
print('test')

# 変数に入力した数値を出力
num = 100
print(num)

# 変数に格納された文字列を出力
txt = 'Hello world'
print(txt)

# 配列に格納された数値をすべて出力
numList = [0, 1, 2]
print(numList)

 

サンプルコードの出力結果は下記の通りとなります。

result

 

Python2とPython3の違い

Python2とPython3ではPrint出力の方法が若干異なるため注意が必要です。

Python2とPython3の違いは下記の通りです。

  • Python2:print文  …「print 出力したい値」
  • Python3:print関数 …「print(出力したい値)」

※()の有無がポイントです

 

実際のコードは下記のようになります。

<Python2>

print 'Hello world'

<Python3>

print('Hello world')

上記のようにPython2とPython3では構文が異なるため、

Python2を使用している方は注意してください。

 

以上がPythonによるprint出力の方法となります。

Print出力はユーザー向け出力、デバッグなど、様々な用途があります。

ぜひ覚えて言っていただけると幸いです。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。