エンジニア

Webエンジニアとは?特徴と学ぶべき言語についてご紹介

本記事では、

昨今、フリーランスの職業として話題となっている、

Webエンジニアについてご説明いたします。

 

Webエンジニアとは?

Webエンジニアとは、

Webサイトの設計、実装、運用、保守を行う

エンジニアのことを言います。

 

また、

Webエンジニアの中でも、

  • フロントエンドエンジニア:Webサイト自体のシステムの開発
  • バックエンドエンジニア:Webサイトが動作するサーバー上のシステムの開発

の二つに大別されます。

Webエンジニアの特徴とは?

Webエンジニアの最大の特徴は、

自宅のPCでも開発環境が揃えやすい

という点だと考えています。

 

そのため、

自宅で作業を行う事も出来、

クラウドソーシングやフリーランスに向いている職業になります。

 

ちなみに他のエンジニアと比較して見てみると、

組込エンジニア:

 →組込むデバイスやそれに合わせた開発環境が必要

  →自宅のPCのみで出来る作業は限られる

となり、

アプリケーションエンジニアとWebエンジニアが

比較的、自宅で作業がしやすい業種であると言えます。

 

また、

アプリケーションエンジニアはビルド環境を整える必要がある点で、

Webエンジニアの方がより、環境構築のハードルは低いです。

 

そのため、

開発環境を用意しやすく、

フリーランスやクラウドソーシングに適している

というのが、Webエンジニアの特徴になります。

Webエンジニアに学ぶべき言語とは?

Webエンジニアが学ぶべき言語は、

フロントエンドエンジニアの場合は、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP

バックエンドエンジニアの場合は、

  • PHP
  • Perl
  • Python
  • Ruby
  • SQL
  • Linuxの知識やサーバーの知識など(言語ではないが。。。)

が必要と言われています。

 

副業やフリーランスとして、

Webエンジニアをめざすのであれば、

まずは、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

の3つを学ぶと良いかと思います。

まとめ

本記事ではWebエンジニアについて

ご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

 

最後に本記事の概要をまとめると下記の通りです。

  • WebエンジニアとはWebサイトを作成するエンジニア
  • 開発環境が構築しやすいという特徴がある
  • 自宅での副業やフリーランスを目指す人におすすめ
  • まずはHTML、CSS、JavaScriptを学ぶと良い

 

ちなみに、本ブログでも、

Webエンジニアの

フロントエンドエンジニアとして、

クラウドソーシングにて実装の仕事が受注できる

ところを当面の目標として、

HTML、CSS、JavaScriptの学習を進めてまいります。

 

第一歩として、

HTMLについてご紹介した記事を作成いたしましたので、

こちらもぜひご覧ください。

HTMLとは?~言語の特徴について解説~HTMLとは何か?特徴と開発環境の構築についてご紹介いたします。...

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
かめぞう
かめぞう
はじめまして。 かめぞうです。ソフトウェア開発会社に勤務する現役エンジニアです。私がエンジニアを続ける中で得た学び、考えを発信しています。リクエストや改善要望など、お気づきの点があればお気軽にご連絡ください。